1.

2.

3.

4.

View this post on Instagram

今日は吉田毛鉤会の初期メンバー、人間岩魚のイサオさんといつもの渓に入った。 人間岩魚との同行は久しぶりだが、「サイズも数もどうでもよく、1尾でもいいので美渓の美魚に出会えれば」というノリが一緒なので、ストレスなく釣りができる。 私と同じ年に生まれたこともあり、年齢のせいか、釣りに関してはお互い少し肩の力が抜けてきたような気がする。 雑誌の取材等でも、最近は釣り以外の付加価値を楽しむ釣行を紹介することも多くなってきた。サイズだ数だと目の色を変えて、ガツガツ釣りをするヤツとの同行はご遠慮いただいている(笑)。 天気もよく、沢は快適。魚もそこそこ釣れて本当に楽しい釣行ができた。 車を止め、歩いた距離は往復12キロを7時間半。いい運動にもなった。 下山してトラウトカントリーで休んでいたら、別の渓に入っていた仲間も下山して合流した。 談笑の後、私は明日の研究会があるため、一足お先に帰途につかせていただいた。 いやー久しぶりの同行楽しかったです。またどこか探して行きましょう。 #吉田毛鉤 #yoshidakebari #フィッシングライター #fishingwriter #フィッシングインストラクター #fishinginstructor #テンカラインストラクター #tenkarainstructor #テンカラ #tenkara #ヤマメ #yamame #canon6d #tamronf013

A post shared by 吉田孝 (@yoshidakebari) on

5.

View this post on Instagram

5/25

A post shared by ふじわらまさき (@masaki___fujiwara) on

6.

7.

8.

9.

10.

View this post on Instagram

Big grayling ! #tenkara #flyfishing #pesca #grayling

A post shared by Alessandro Brambilla Tenkara (@alessandrobrambilla_tenkara) on

Advertisements